リズミカルボディとは

 

リズミカルボディは、女性が一生お付き合いする「月経」の「リズム」を利用して

<身体を整えること> <身体と心が緩むこと> を目的としたアロマ※ボディトリートメントです。

一般のトリートメントではあまりない、

仙骨周辺・おなか・おしり・腕のきわ・脚側面・膝・骨のすじ、などへもアプローチをかけていきます。

こわばりが取れるとカラダは自由になり、ココロがほぐれます。

リズミカルボディ®セラピーと自然のリズムとワタシ のサンカク関係図

※リズミカルボディ® はマザーズオフィスの登録商標です。

アロマテラピーって?

『芳香(アロマ)療法(テラピー)』という意味で、植物の香り成分を利用した自然療法の一つです。

主に精油※(エッセンシャルオイル)を用いて行われます。

植物は【自然のリズム(四季・天候等)】に忠実なので、その香りを嗅ぐと、人は本能に戻り心身が落ち着くと言われています。

いい匂い♪ってホッとするのは、そんな理由もあるのです。

月経リズム

月経のリズムのこと、ご存知ですか? 月経リズムが心身に与える影響はとても大きいのです。

自分のリズムを掴むことで、体調管理や気持ちの落ち込みなど、対応できたりします。

「きちんと知ること」 それが始まりです。

月の満ち欠けと月経リズムとリズミカルボディ®セラピーの関係図~女性の身体の1か月のリズムを、リズミカルボディ®セラピーが提唱する考え方とともに図にまとめました~

月の満ち欠けに影響を受けると言われている月経周期には3つの期間があります。

図はその期間に起こる、ホルモンバランスや骨盤の動きと、心身に表れる変化を図式化したものです。

※この28日周期は、お月様のリズムと女性の身体のリズムが見事にリンクしている理想のモデル体型28日です。 

 人によって異なります。25日だったり32日だったり、なかには40日の方もいらっしゃいますよね。

月の満ち欠けと月経リズム、各期の身体の変化と過ごし方のアドバイス
エストロゲンの働き:脳の活動の活発化・骨にカルシウムを取り入れる・血管を強くする・前向きな気持ちにさせる・コレステロールを抑える・乳房のふくらみ・髪のつや、肌のはり→女性らしさをつくる

< 閉経後、エストロゲンの分泌量が下がる ⇒ 上記の働きが衰え、身体や気持ちに変化が生じます>

例)  ◎ 脳の活動がおとなしくなる

→ 物忘れが激しくなる、やる気がなくなる。


 ◎ カルシウム不足 

→ 骨粗しょう症  

※カルシウムは唯一貯金可。

エスト ロゲンがあるうちにカルシウム摂取を心がけましょう。

注)乳製品は脂肪の問題もあるので、

カルシウム摂取目的で取るのはやめたほうがベター。 

チーズもバターも牛乳も「嗜好品」と考えましょう。


◎ 女性らしさが減少

 → どうでもよくなる。残念なおばさん化しちゃう。


◎ コレステロールの押えが外れる

→ 太ってしまう。代謝も悪くなっているので、食べ過ぎ注意!  


プロゲステロンの働き:子宮内膜を柔らかくする・月経前症候群の各不調に関係・ためこもうとする→受精した卵を守るため・血糖値を正常にして、体脂肪を現象したり、利尿作用もあるほかに、他のホルモンのバランスを調整する役目をもつ

 如何ですか?ご存知ではないこともあったのではないでしょうか。 

私達の身体ってすごいですね。

人間-女性-の身体のしくみは、なんて壮大で、驚異で、神秘なんだろうと、畏怖の念をいだきます。